住み替えを希望されている売却予定の方へ

住み替えを希望されている売却予定の方へ

こんにちは!フォレスト不動産橋本聖子です。今日も朝が冷え込みますね…体調管理にはくれぐれもお気をつけて下さいね(*^▽^*)ちょうど昨日、売却をしたい・検討していたお客様が2組来店されております。少しずつですが、フォレスト不動産も売却をお考えの皆様に認知され、必要とされてきたかな…と思います。ますます増えていき、お役立ちできれば幸いです。

さてさて姫路市の不動産売却不動産査定はフォレスト不動産!ということで、今日もブログを投稿していきたいと思います。今日は不動産売却でも『住み替え』を希望されている売却予定の方へ豆知識をお伝えいたします!

単純にはいかない建て替え

例えば、『この家は3,000万円で購入して20年経っているから、大体1,500万円ぐらいで売れるだろう。そのお金で新しい家を買うぞ!』と思っているとします。それ、ちょっと待ってください。売ったらその分お金が入ってくると思いがちですが、不動産会社を介して契約をすれば仲介手数料が発生しますし、権利書の代わりに売渡証書を発行するので、証書代が発生します。また忘れてはいけないのが、譲渡所得税です。売れたお金で新しく家を買おうとしているお客様が意外と多いのでぜひご注意して頂ければと思います!

売却するときにかかる税金とは?

譲渡所得税と先程お伝えしましたが、個人が土地や建物を売却したとき、利益(譲渡益)が発生する場合があります。その利益に対して所得税と住民税が掛かってきます。税金に関する記事はこちらから。不動産売却査定を行っていない状態から、『差額で家を買う』という考えをお持ちである場合は、まず最初に査定をすることが大切ですね!自分が今どれぐらいの市場価値のある不動産を所有しているのか、またその不動産はどれぐらいの人が欲しいと思っているのか、希望通りに進むためにもまずはその準備が必要です。

住み替えを希望されている売却予定の方へ

いつどの順番で売却活動する?

住み替えを希望されているお客様が選択に迷うところがあります。それが購入したい物件が出てから売却活動をするのか、それとも売却活動をしながら購入したい物件を探すのか、それとも売却活動をして無事売却できたら購入したい物件を探すのか…。意外と難しい選択なのですが、オススメしているのは不動産売却をしながら購入したい物件を探すことです。いつどのタイミングで売れるかわからない(買いたい物件が現れるか分からない)のが実状。但し、売却活動時にある程度販売価格を固定することができます。1,500万円であれば、2,000万円から売り出して徐々に価格を下げて反響がでるが様子を見る。税金や売却時の必要諸経費を考えると、最低1,500万円の利益なのであれば購入して良い物件は1,300~1,400万円。その数字で物件を探していけばよい訳なのです!

住み替えを希望されている売却予定の方へ

ちょっとまって。
購入にかかる諸経費は?

売却時の税金や諸経費については残しておかないことはわかって頂けたかと思います。しかし、住み替えを希望されている売却予定の皆様にはもう1つ気を付けておかないことが…それが購入にかかる諸経費です。これは不動産購入を純粋に行う方と同じように発生する諸費用。これもまた意外と高い額を用意しないといけません。このお話はまた次回。

●リンク先●
姫路市で不動産売却不動産査定したい方へ
姫路市でマイホーム不動産購入したい方へ
家族を守り、3世代住み継げる家はこちら!

文責:橋本