姫路市で構造が木造住宅を売りたい。 | 姫路で高評価のフォレスト不動産のスタッフが綴るブログ記事です

ご来店予約はこちら

姫路フォレスト不動産ブログ♪

姫路市で構造が木造住宅を売りたい。

2019/08/02

姫路市で構造が木造住宅を売りたい。

おはようございます!フォレスト株式会社橋本です。今日は姫路市で不動産を売りたい方に、戸建の構造の査定についてお話しようと思います!

売りたい不動産の構造

皆さんの売りたい不動産は戸建ですか?土地ですか?マンションですか?それによっても査定の仕方が大きく変わります。今日お話するのは戸建の場合、何処が肝になるのかということです。

 


木造の耐用年数は?

戸建不動産に使われる構造は木造住宅が主流ですよね。姫路市で不動産を売りたい場合、この構造が査定の価格を動かすといっても過言ではありません。確かに雨漏りや傷みが出やすいのが木造。

フォレスト不動産の建てる木造住宅では、木材本来の呼吸を保てるような家の工法を使っているので、実際100年もつと言われています。それがWBHOUSEです。しかし、今建てられている8割はビニールクロスを貼った住宅。この住宅では、耐用年数は26年と言われています。そのため、ビニールクロスを使った木造住宅で築26年以上経っている場合、不動産としての価値はありません。その下にある土地価格のみの計上になります。

木造住宅というのは鉄筋コンクリート構造よりも耐用年数が約20年も違います。それぐらい、扱いは難しく傷ませることも簡単です。(人に対しても同じですね笑)だからこそ、住んでいる家の構造を知り、その構造に合ったすみ方、構造に合った対策を取らないと、査定をする時に大きな差が出ます。

そこまで知って不動産購入すれば良いのですが、なかなかそんなに人生上手くいきませんよね。だからこそ、売る時にどんな配慮をするのかが大切。そのままの不動産で売るのか?リフォームしておくのか?様子を見るのか?そんなこともフォレスト不動産では相談可能!何故なら建築事業も行っているから!是非ご相談くださいね(*^▽^*)

文責:橋本

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。