欲しい方に届く売却サポート

離婚で不動産売却を検討したときにまず行うこと。

タイトルからいきなりシビアでしたね(笑)人生生きていたら色々なことが起こります。離婚もその一つ。諸説ありますが、一般的にいわれているのは3組に1組が離婚しているということ。それは家族の意思の問題ですが、『マイホーム購入後』の離婚も当たり前に起こっていますよね。じゃあ実際どのようにして売却したらいいのか?また、そこで気を付けるポイントをご紹介します。

不動産売却の仲介手数料とは?

  • 2020.02.11

皆さん、不動産売却でも仲介手数料はかかります。では根本的に仲介手数料とはなんなのでしょうか?不動産売却は1人でも行えます。ここがミソ。1人でも行えることですが、売買契約書や重要事項説明書などの契約書類が必要になります。また、売却する不動産の細かな情報を市役所や法務局にて全て集めたうえで、買い手が納得して署名捺印をしないと、正式に契約したとは言えませんね。(口約束でも契約は認められますが、そこまでして話を前に進める方は現実的にいらっしゃいません。)

2月に不動産売買が盛んな理由。

  • 2020.02.05

一番多いのは、心理的要因ではないかと思います。日本人はとても忙しいですよね。4月から新しい1年がはじまり全てが動き出すイメージです。ゴールデンウィークも家族と過ごすお休みがあります。実はここもマイホーム購入をしやすい時期…。そこから夏休みは今まで走ってきたマラソンを一度歩いて休憩するような感じでペースダウンします。冬にかけてはまたラストスパートで年末年始に向けてグッと仕事をしていきます。そしてイベント続きで年末年始に入りゆっくりする…。そして4月からはまた新しい1年が始まります。要はとっても忙しい中でマイホーム購入を選択するとしたら、新しい1年をスタートダッシュする前準備の1~3月に多いというわけです。

孤独死があった不動産の売却はどうなるの?

そもそも、この告知義務の定義は非常に曖昧です。人は必ず死ぬものですので、その事実がどれぐらいの心理的ダメージを与えるか…そこに頼った判断が多いかもしれません。孤独死の場合でも、心理的瑕疵に該当するのかしないのか、意見が分かれるポイントがあります。

1 27