買いたいお客様から不動産売却中に反応があった時の進め方! | 姫路で高評価のフォレスト不動産のスタッフが綴るブログ記事です

ご来店予約はこちら

ブログ

買いたいお客様から不動産売却中に反応があった時の進め方!姫路

2019/10/16

買いたいお客様から不動産売却中に反応があった時の進め方!

こんにちは!フォレスト不動産橋本です。台風から落ち着きましたが、被害のあった方、復旧活動をされている方、早く状況が好転しますよう、心よりお祈り申し上げます。いつ起こるかわからない災害に対してしっかり準備しておかないとと教訓に致します。

さて、姫路市で不動産売却不動産査定するならフォレスト不動産!ということで今日もブログを書いていきたいと思います(((o(*゚▽゚*)o)))今日は実際に不動産売却活動をして買い手さんから反響があった時の対応について予習しておきましょう!

最初の反響は問い合わせ

フォレスト不動産ではお客様の売りたい不動産情報をサイトに掲載したりSNSで投稿したりします。その時に買いたいお客様から連絡を頂きます。土地であれば「場所はどこにあるのか?」戸建であれば「中を見てみたい」という問い合わせが多いです。フォレスト不動産に連絡が入りますので、その反旗があったことを売りたい皆様にお伝えをします。場合によってはお客様に内覧の許可をその都度とってから内覧をすすめるケースもあります、、その辺契約時に決めることが出来ますのでご安心下さい(( ´꒳` )

問い合わせの8割携帯からございます。

不動産購入申込は本気で買いたいという意思表示

問い合わせがあり、買いたいお客様が本当に不動産購入する!というように決めることが出来たら、皆さん不動産購入申込書を不動産会社経由で提出されます。それを不動産業界では、買付と呼んでいます。買付が出ると、すぐに売りたいお客様にご連絡をさせていただきます。この時点では契約はまだの状態。本当にこの買いたいお客様に売っていいのかを決めるところです。例えばこの時に1000万で売り出ししていた不動産を900万円で購入したいという買付がでることもあり、間違いでもありません。不動産は価格が大きくその価格はいわば相場と感覚で決められた価格。ですので価格交渉が簡単に行われています。普通の買い物と大きく異なりますね。

提示された買付で、900万円だった場合、「1000万円だけど900万円だったら買います」という意思表示だと思って下さい。あとは売りたいお客様の選択になります。100万円値下げしてでも買いたいお客様がいるうちに売ってしまうか?100万円とはいかなくても50万円だったらどうか?いやいや値下げなんかして売らないか?様々な選択がありますがどちらにしても嬉しいですよね(((o(*゚▽゚*)o)))買いたいお客様お客様はいわば沢山の不動産情報がある中、皆様の売りたい不動産を買いたいと声を上げて下さったので早めに対応してあげましょう‪( ̄ー ̄)

アドバイスもしっかりおこなっています!

まず問い合わせがあり、買付申込があり、それを受理すると今度は契約に進みます。それを不動産契約と呼びます。ここまで来ればあとは流れる通りに!ただ、買付があっても契約に進んでも、その契約が振り出しに戻ることがあります……!?そのお話はまた今度!今日も読んでいただきありがとうございます(((o(*゚▽゚*)o)))

⚫リンク先⚫

不動産売却不動産査定を姫路でお考えの方へ

姫路で不動産購入マイホーム購入をお考えの方へ

家族を守り、3世代住み継げる家

文責:橋本

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。