【経験談】不動産の決済、お引渡しの流れ「フォレスト不動産姫路」

ご来店予約はこちら

姫路フォレスト不動産ブログ♪

【経験談】不動産の決済、お引渡しの流れ「フォレスト不動産姫路」

2020/10/19

皆さんこんにちは!姫路市書写、大白書の物件数No.1のフォレスト不動産橋本です。

不動産の決済、お引渡しの流れ

先日、お客様の不動産決済・お引渡しに同席させて頂きました。個人的に半年ぶりの決済・お引渡しだったので、嬉しいなぁと思いながら同席。本日は超初心者向けに不動産決済・お引渡しの流れについて投稿したいと思います。

不動産の決済=お金と名義が変わる日

不動産の決済とは「お金と名義が変わる日」お客様が売主様にお金を支払うのと同時に、不動産を手にする日です。この日までに、当日の動きの流れを不動産業者と確認したり、どこの銀行で行うのか?必要書類はなにか?を確認します。しっかりと準備をしておけば、1時間もあれば終了します。ただし、月末など銀行が忙しい日は2時間かかることもありますので、日程を決めるときには不動産仲介業者としっかり段取りしておくことをお勧めしています。

不動産決済で誰が何をするの???

不動産の決済・お引渡しは、売主様・買主様・双方の不動産仲介業者・双方の司法書士が一斉に会します。不動産の契約のときには『持ち回り契約』といって、売主様と直接会わないことが多いので、決済の日に初めて売主様に会うケースが多いです。

では、誰がどんなことをするのか、簡単にご説明しましょう♪

 

➀売主様…

当日は買主様から不動産のお金を頂きます。登記名義が変わりますので、この日までに➀お金は振込なのか?現金なのか?②不動産に関わる方必要書類はなにか?などを、不動産仲介業者と準備・打ち合わせを行います。稀に、決済の場所に行かずともお金だけ頂いて終わり!なんてこともできます。売る不動産が県外にあって、どうしても日程が合わないこともあります。対応はできますのでご安心ください^^

 

②買主様…

決済の主役といっても過言ではないでしょう。買主様がいないと何も進みません。買主様は、住宅ローンの場合であれば事前に『だれにどれだけ支払う必要があるのか?』を不動産仲介業者と確認・打ち合わせを行います。もしもお家を購入する場合は住所が変わりますので、住民票の住所変更などを済ませておく必要があります。また、決済をスムーズに行うために、銀行で書く「出金伝票」や「振込伝票」を事前に記入しておきます。

実際にお金がご自身の通帳に振り込まれたら、売主様や不動産仲介業者に代金を支払います。現金の場合は、手渡しで業者に渡すことになります。

 

③双方の不動産仲介業者…

お客様同士をつなぐ役目をしています。また、司法書士とも連携をとり、決済がスムーズに動くよう努めます。多くは決済までの準備・打ち合わせが仕事。当日は「すまい給付金」のお話や、今後のお話などをさせて頂きます。不動産屋が仲介手数料を頂戴する場合は、決済が無事終了し、お客様から直接頂き、最後に領収書をお渡しします。

 

④双方の司法書士…

そもそも、買主様の通帳にお金を振り込むためには、司法書士さんが必須。売主様と買主様の印鑑登録証明書や確認書類を照らし合わせながら、間違いなく決済を行っていいかどうかを最終確認します。業界用語では『実行お願いします』と言われるのですが、この『融資実行』を決めるのは司法書士さんです。

また、当日のうちに登記の手続きを行って頂きます。この作業が終了して、はじめて法的に買主様が所有権を獲得します。数週間後には、買主様に「登記情報識別情報」といって、昔の権利書に代わるものが送られますので、買主様は将来不動産を売却する日まで大切に保管しておきましょう!

 

 

はい!ということで今日は不動産決済の流れについて簡単にご説明しました。お客様にとっても、おめでたい1日。お家を買うのであれば、この日からお家の鍵ももらえて住むことができます!し、リフォームも可能に!土地を買うのであれば、ここからお家が建っていきます。どちらにしても、とっても大事な節目の日を、私達も安心安全に進めれるようサポートさせて頂きますのでよろしくお願いします!

 

因みに、この決済までに、お家を買う方は『火災保険』に入る必要があります。このお話はまた次回(*^▽^*)

お電話のご依頼もお待ちしております。
フォレスト不動産

フォレスト不動産

電話番号
0120-692-270
所在地
〒671-2216
兵庫県姫路市飾西735-1
営業時間
10:00 〜 19:00
定休日
免許番号
兵庫県知事(2)第451379号
所属団体
(社)兵庫県宅地建物取引業協会
(社)全国宅地建物取引業保証協会

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。