フォレストが不動産仲介する本当の理由をお伝えします。 | 姫路で高評価のフォレスト不動産のスタッフが綴るブログ記事です

ご来店予約はこちら

ブログ

フォレストが不動産仲介する本当の理由をお伝えします。

2019/08/17

フォレストが不動産仲介する本当の理由をお伝えします。

こんにちは!フォレスト株式会社橋本です。明日はフォレスト感謝祭♪楽しみですね~~猛暑なので少し心配ですが、OB様や会員様が無事故で終われるように祈念しておきます…!


さて!今日は、フォレストが不動産仲介する本当の理由についてお伝えします。

お客様の幸せを創造し続ける

フォレスト不動産では、『MAKE’s HAPPY 幸せを創造し続ける』という経営理念を掲げ、日々活動している法人の会社。ということは、極論不動産やお家のお仕事ではなくともお客様に幸せを提供し、それを継続し続けることはできます。それでもこの仕事をするのには、それなりの理由があるわけで…なぜ建築をし、なぜWBHOUSEしか建てないのかは、建築専用のHPにて沢山書いていますので、ぜひそちらをご覧ください♪今日はなぜ不動産仲介にも関わっているのかについてお話します♪


不動産の地価は誰が決めているの?

皆さん、不動産売却をするにあたり、周辺の相場を調べてから価格を設定します。もちろん、買い手が想定できる範囲の価格帯になります。そうでないと売れないからですよね。フォレスト不動産でも、同じようにきちんと査定するときは周辺の相場をもとにしています。ただ、そもそも論不動産の地価は誰が決めているかといえば、過去のデータと未来の将来的価値に大別されます。そこには人の主観的な考えあっての不動産地価。都心に行けば勿論高額になり、郊外になれば(需要が薄くなれば)不動産の地価は低くなってきます。しょうがないことです。…しょうがないこと?本当にしょうがないことなのでしょうか?

私もはっきり申し上げて人気のない郊外に住んでいます。周辺でも空き地や空き家が増えていますが、買い手はつきにくい状況です。なぜなら、利便性が非常に悪いから。不動産仲介をするときも、買い手のお客様に提案はしますが、未だ成約には至っておりません…。

仲介で不動産価値を上げたい!

私たちフォレスト不動産が、WBHOUSEという建築業だけでなく、土地や戸建、マンションなどの不動産仲介をおこなっているかというと、『不動産の価値を上げたい』という目的があります。(お客様に安心安全に不動産売買して頂く事で笑顔になって頂くことは大前提)数十年前からずっとドーナツ化現象はどの地域でも行われています。姫路市にとってもそうで、駅や利便性の高いところは不動産売買も積極的に行われていますね。その一方で北方面や利便性の低いところは地価も低く、取引自体も少ないといえます。どうすればその取引を増やし、地価の差を埋めることができるのでしょう?

フォレスト不動産では、不動産本来の価値を提案していきます。確かに利便性は他のところより劣っていても、不動産本来の強みがあります。相場の低い、地価の低い場所というのは、圧倒的に競争には不利です。しかも、一般の不動産会社はそれを踏み台にして高値の不動産を提案してくるケースがあります。それはそうですよね。そっちの方が成約の確立も上がりますし、営業マンが楽です。ただ、そんなことを繰り返し行ってきた結果が、今のドーナツ化現象を引き起こしているのではないかと思うのです…。

原因は不動産仲介会社にもある?

不動産の地価は上記で述べたように、過去のデータと土地の将来性が大きく左右します。ただ、不動産地価の差に拍車をかけている要因の1つには、間違いなく不動産仲介会社の提案があがってくるでしょう。それでは結果売れずにずっと困っている方や地域としてもよくありません。だからこそ、不動産の価値をあげて少しでもどこの市場も潤うようにしたい、将来を変えていきたい。そんな想いがフォレストにはあり、その結果不動産事業部が必要であると確信し、5年になります。


今日はフォレスト不動産が不動産仲介する本当の理由について述べました。少しでも伝わっていれば幸いです。不動産仲介業者の仕事は、買いたい方と売りたい方の御縁をつなぐ仕事。それを日々実践できるよう、今後も頑張ります。もちろん、WBHOUSEの建築でも、さらに深堀りしてお客様の幸せを創造し続けられると確信しております。是非一度、弊社モデルハウスに遊びに来てくださいね(*^▽^*)

文責:橋本

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。